ダイエット裏技沢山食べても太らないって本当ですか!?

こんにちは、まもるです

今回のブログは

食のゴールデンタム

について書いていきます。

ダイエット中だけど、我慢できずに食べてしまった。

お腹が空きすぎてダメだと分かっているけど手が出てしまった

私もダイエット実践中にありました、ダイエットあるあるですよね。

食べてしまったことで、自分は意志が弱いんだ

と落ち込んでしまうとおもいますが、

今回の記事を読めば嫌な気持ちは晴れ晴れし、

たまにガッツリ食べてしまっても罪悪感がなくなります。

結果、ダイエットを長く続けることができ、

そのため夢のお腹周りが手に入るでしょう。

食のゴールデンタムとは

知ってましたか?

一日の中で最も太りずらい時間帯があることを。

この時間のことを私は勝手に

食のゴールデンタイムとよんでいます。

ずばり書きますが、

午後3時が最も太りずらい時間帯になります。

詳しくは後説明しますね。

どうしても、甘いものが食べたい場合は

このゴールデンタイムに食べるようにしましょう。

なぜ午後3時なのか

私たちを支えるホルモンの中にBMAL1というホルモンがあります。

BMAL1は体に対して脂肪を体内に蓄えるように指令を出すホルモンです。

BMAL1が最も分泌される時間帯こそが午後3時であり

最も分泌されない時間が午後10時〜午前2時です。

深夜に食べるおにぎりや

カップ麺は太る原因はここです!

BMAL1って言われてもよく分かんないですよね。

午後3時は良い時間

夜中は最悪な時間と覚えればバッチシです。

食べたいと昼頃に思ったときは我慢せず食べましょう。

我慢した結果夜に暴食してしまうと最悪ですからね。

まとめ

いかがでしたか。午後3時は平日なら仕事、家事、学校と忙しい時間帯です。

平日の日にどうしても食べたくなった時はお昼ご飯を活用してください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

私とラインで友達になりませんか?

あなたの普段食べている食事は痩せる食事ですか?

食の常識を覆す、痩せる食べ物太る食べ物をプレゼント中

こちらから友達追加できます。