ただいま/おかえり

波乗りをするように、勢いに乗る。高波が来たら転倒するだろう、でもそれでいい。

「なぜその戯曲を選んだのですか?」

そんな声にはもう、ビビらない。やりたかったものを、やりたかったようにやるんだ。

誰が来るだろう、どんなことが起きるだろう。早く会いたい。ただいまって言うんだ。

ずっと言いたかった。

「ただいま」

「おかえり」

そうだったよね?

そんなことばっかり書いていたよね。

どうせ同じことをいまでも書くでしょう。

だがそれがいい

オジサンやオバサンや、いつも機嫌の悪そうな女子高校生と一緒に芝居をやりたい。

うわっ言っちゃった。

芝居をやりたい。

お腹と背中がムズムズする。照れくさくて恥ずかしくてごめんね。

広告を非表示にする