8月7日。

ドラクエを配信していて思うのは、ゲームしたいのに喋りたくない。そんな時ばかりなのがゲームしながら喋る実況というのはつくづく不自然だなと思うところだ。

ゲームはしたいけど、疲れてるから喋りたくない。だが、今まで配信してきたからどうしよう?っていう状況はかなりある。

もうそういう場合はマイク無しでやっている。というか、マイク無しのがよほど自分の中で自然体だ。ただ今までマイクありでやっていたから今まで観てくれていた人は去るのかもね。

ただどう考えても、喋りながらゲームやるのは俺の自然な姿ではない。無言でゲームやるのがありのままだし、感覚でやれるからこそゲームが好きなんだよ。

ごちゃごちゃわざとらしいリアクションを何でゲームしながらやるのか。また自分がすごい面白くて没頭して喋らなくなっても、それは観ている人にとってはつまらないものになる。俺は配信でそれが嫌だ。

ゲームってのは自分一人で楽しむもの。それが配信になると、観てる人まで楽しませなければならないものになる。それが違い。

俺はゲームにそんなものは求めてないっていうのが今回ではっきり理解したかな。ただたまに配信しようかなって思うくらい。ドラクエみたいな長時間やるゲームを毎日のように長時間配信するのは、それは逆に倦怠させる。

だって、今までドラクエクリア後もやってるから70時間以上ここ毎日配信してるんだよ。こんなマイペースな配信、糞の需要もないだろうという気しかしないが。

需要も糞も端からないがな。自分がやりたいからやるっていう。ゲームなんてそんなものさ。ただ配信っていうのは、ゲームする上での延長線上で考えちゃ駄目なのかもね。要するに提供する側っていう精神が必要なのかもしれない。

でも、たかがゲームにそんな提供だの理屈を理解したところで、実況なんかには全く興味はない。どこまで行ってもゲームしたいだけに過ぎないから。そこに、戯言やおしゃべりは必要ではない。