2歳新馬戦出遅れも剛脚さく裂石橋能力高い

8/513:28

新潟5Rの2歳新馬戦(芝1600)は4番人気(牝斎藤誠父)が快勝出遅れて後方待機となったが直線で3F32秒0の剛脚がさく裂先に抜け出したを追い詰め直前で鼻差で差し切った

騎乗した石橋はまだ体に良化の余地を残しており前に行けずするように慌てても仕方ないのであの位置から最後どれくらい脚を使えるかと思ったがこの上がり(の上がり3F32秒8)を差し切るんだから能力は高いと称賛した

斎藤誠師は暑い時期なので余力残しの仕上げだったがそれであの脚を使うのだから楽しみ状態次第だが新潟2歳S(27日)を視野に入れたいと話した

(牝2)

2015年3月27日生

父母

母の父

馬主

(株)G1

調教師

斎藤誠(美浦)

生産者

(安平町)

馬名意味

天王星を守護星としたお守り

初出走は498

勝ち1分38秒2

ひと息でしたが、道中じっくりと構えて良く届きました。

課題()をすれば、もう少し楽な競馬が出来ると思いますし、余裕残しも中の好馬体だったので、今後も楽しみです。