ザ・マミー 呪われた砂漠の王女<吹替版>

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女<吹替版>(2017米)

イオンシネマ新百合ヶ丘にて

 ユニバーサルが言うところの“ダークユニバース”の骨格が見えた。

 日本映画界は、「スプリガン」の実写化にて、これに対抗すべき。

 ………無理だ、そもそも予算で負ける希ガス

 トム・クルーズ演じる主人公は、もうちょっと歳相応の思慮深い行動をすべき。

 或いは、向こう見ずでも納得できるような、もっと若い俳優を主役に据えるべきだったのでは?

 なぁんか、観ていて違和感を感じたんだよな。

 次作で登場するかどうかは判らんが、“役者”が出そろったら共闘するんでしょ?

 その為のビックネームと読みましたが。

 それならもうちょっと性格設定をさ………。

 いかん、堂々巡りだ。

 ラッセル・クロウ演じるジキル博士の登場は唐突だった。

 彼が今後の各作品を繋ぐ接着剤かつ緩衝剤の役を演じるんだね。

 ………で、今後に期待してイイのかな?

 ぶっちゃけ本作、あまり面白いとは思わなかったんだけど(爆)

iPhoneから送信