心の壁を感じたら、壁を取り払ってみよう!

こんにちは、内藤怜です。

ご主人やお子様、そしてご両親

最近どうも何を考えているのかわからない

と心の壁を感じることってありませんか。

同じ家にいるのにも関わらずに

そんな時って、正直どうして良いかわからないですよね。

そこでオススメなことがあります。

壁を取り払うことです。

えっ?壁?って?

思いますよね。

そう心の壁でなく、本当の壁です。笑

日本の住宅って、本当に細切れに分けていますよね。

つまり壁が多い

その分閉鎖感がでて来ます。

ちなみに私は思春期に、物凄く反抗期のある子供でした。苦笑

親になんてわかってもらえない

わかってもらいたくないし、わかりたくない

心の底から、そう感じていましたね。

そんな私の実家は、玄関入ってすぐ、階段があり、奥の個室。

いつもここに籠もってました。

それは社会人になってからも、どこかしこりのように残っていました。

どうして私はこうなってしまったんだろう

インテリアを勉強してから、その理由に気づいたんですね。

それが壁だったんです。

私の家の壁は、私の心の壁となり、もはや自分で壊せないものになっていたんです。

ちなみに私の知り合いの方で、子供4人を子供部屋なしで、育てた方がいらっしゃいます。

正直凄いですよね笑

でもビックリなのは、その効果

もうお子さんは成人なさっているのですが、

実際にかなりオープンな関係で、今も大変仲がよいようですよ!

4人とも結婚なされ、家族が集うと大変賑やかだそうです。

まさに理想ですね。

この方は、子育ての段階で、それに気づき、壁のない子育てをされてきました。

別にお金がなくて、部屋が用意出来なかった

という訳ではないんですよ。

あえて壁を作らなかったんです。

ただそれだけ

たかが壁、されど壁なんです。

ちなみに、私はオープンキッチンにすることで、料理が好きになりました。

でも以前の閉鎖的なキッチンでは、そこにたつことさえ嫌でしたからね

これも壁笑

ということで、我が家の新しい家&ショールームは不要な壁をどんどん外しています。

キッチンも開放感でました。

右側、子供部屋にも窓の開口をつけ、オープンな雰囲気にします。

しかし壁の効果は、よくも悪くも本当に大きい

と感じます。

あなたもご家族とこうなりたい!

というのがあれば、壁を見直すのもオススメですよ!

心と身体がリラックスするお部屋づくりはこちらです。