芸術家は繊細ゆえ

先日、コロコロコミック星のカービィの漫画を

10年近く連載していたひかわ一博さんの近況について

ウェブ上にてインタビュー漫画が掲載されていた。

ネットなどではひかわさんが編集からのパワハラ

うつ病になって断筆したという噂が流れていたのだが

そのようなことはなかったと本人が否定されていた。

しかしながらあれほど人気のある作家さんが

突然断筆するというのは事情があるはずなので

その理由を聞くと根本的な漫画を描く気力がなくなった

というのが大きな理由なんだと思った。

コロコロコミック連載当初の星のカービィ

生き生きとしたキャラクターと軽快なギャグが

連続しておりこれぞコメディ漫画という感じで

楽しく読むことができた。しかし、断筆前の連載を

見るとどうだろう、画面はキャラクターのアップが多用

され、黒塗りのコマが圧倒的に増えた。

最終的にはカービィでさえ黒で塗りつぶされてしまうという

有様であった。

インタビューによるとひかわ先生は途中から漫画を描く気力が

なくなってしまい、殆どをアシスタントに描かせていたんだそうだ。

どうやらそれが彼の中で罪悪感を生み出してしまい

結果的に、自分の名義で漫画を出しているのに描いているのは他人という

ギャップに耐えられなかったようだ。アシスタントが辞めた後に

再び筆を持ったのだがその罪悪感が尾を引いて作画もストーリーも

とても明るく楽しいカービィの世界とはかけ離れてしまっていたのだそう。

その傷が今現在でも完治しておらず

未だに絵を描く気持ちにはなれていないようだった。

実は、アシスタントに作業をほとんど丸投げしているという作家さんは

結構いる。特に週刊誌漫画なんかは主要キャラクターだけを描いてあとの

部分はほとんどアシスタントが描いている。

結構すごい話では人物の表情だけ自分で描いてあとはアシスタントに

全部描かせているという人もいる。

ひかわ先生は作者として描いている以上は自分で描きたいという気持ちが大きかった

のだろうと思う。他人に描かせて気にしないでいさえすれば

どこまででも漫画家として名乗ることは可能だし。

この方の落ち方を鑑みるに

自分が作った物に対して熱意を感じられなくなったら

正直コワイなーと思ったりした。

芸術家は繊細ゆえに脆いのだ