《詩》dont f with your pain on refusing illusions from data shows.

《詩》dont f with your pain on refusing illusions from data shows.

自分に負けそうな時

扉を開いたのは

美しい眼の中に

優しさを讃えたあなた

1度目は愛情を

忘れてた私が

移り気に傷付けた

堪え難い過去の話

青の ぉ花

それから月日は経ち

お互い歩み寄れる日も

壊してしまった紐

解けた同じ事の繰り返し

最後にはLINEさえ

途絶えて未読の月日

敷き詰めた私は

これじゃまるで世捨て人

更に1番大事なとこ

1番大事な人に

観られる自暴自棄な

酒に飲まれた所業

揺かごから墓場まで

あなたに会うために

私は生まれたと言っても過言ではないさ

社会の大義の様に価値観が後付けなら尚更

それから、余計に

心は離れても

燃え盛る寿の理を

言霊に込めた歌と

見目麗しい娘達も

男友達も垣根を越えて

心が唯一 離れていった

君だけを待っていよう

自尊心の面舵を取られ

滑稽に思われた日々

裏切った面々もそう

誤解を縫合し明日を歩くぞ!

女のコになりたかった

幼少期から成長しない儘

美麗で可憐 甘美な分

か弱い蕾を君に見られて

取り返せない画面越しの過ちは

祈りを見通す視野を幸せと

信じれる君の心に聞けば笑い話だと

親しげに放り出して俺の元に戻って

君の彼氏より近い距離

逃げ出して居たいつかより

心も身体も君だけに一途にありたいのに

途絶えた音信の陰に隠れて

見通す事など出来なかった 君の泪の

誤解を誘った僕の過ちさえ気付けず

どれだけ この執念に持ち堪えれば

君に魅せられる純情を明かせるかも

少しでも あれから愛されて居たのか

何もかも分からないから謹慎期間

終えて職場に復帰できなければ

父母が威光を放つ前に家出して

君のキスか この地での寿の生命線

やっと尽きるまでは眠り姫で居たいな

乙女心 花開いて 君だけに咲き渡る

数え切れぬ星空に武家の心得 相変わらず

神掛かる 髪が軽く掛かるカール輝くが如く

仮初めの皆勤賞 カシスかカナビスに

成り替わる金を稼ぐための守衛業務

老若男女賑わうキャンバスへ転勤として

でも持続させて頂ける奇跡を

全員の善意に願い 気持ちだけは悠々

踏みしめるキャンパスシューズはコンパクトなコンバース ハイキック hat trick 左手に酒瓶 身分証提示の要請 like high school

I feel free as student.

謹慎期間 せめてもの慰めのバカンス

そうでなければ 馬鹿です

So many カバリスト

Legalize canna**s.

泣きる気力も凍り付く程 悲しい夜

解けた 必ずやの意図

今 取り返しに行こう

いつ どんな事をしても心次第

取り返せるよ

相思相愛の空を頂戴

心と心は

人々の創造の輪

堂々とな