Beginning ACT20 2017/5/28?

本間多恵 vs 高瀬みゆき

最初カードを聞かされた時点では特に気にかけるほどのカードでもなかった。

しかし終わってみればまさかこれほどまでの試合になろうかと印象を大きく変えた試合になってしまった。

握手してゴングがなった直後高瀬が奇襲を仕掛けてきたため本間はこの表情。

襲われたのになぜか笑っている。

後で本人にこの時の真意を聞いてみると自分がケガしてる間に出てきた後輩がここまで伸びて来てくれて嬉しかったそうだ。

しかし今回はただ後輩が伸びてきたなんてレベルのもんじゃなかった。

今度はお返しに本間が高瀬にヒールホールドを仕掛けて悲鳴を上げさせる。

ここらは先輩の上手さと言いたいところだが、高瀬もダイヤル固めで反撃。目を回す本間。

だが本間が巻き込み式逆十字で腕のロックを切ろうとしたが、危機を感じた高瀬は逆十字ごと持ち上げ、そのままグルグル回して叩きつけてしまった。

逆十字を持ち上げるのはわかるが振り回すまでやるとは、高瀬の警戒心の強さが異常な火事場のクソ力を引き出したのか!?

ここから態勢を立て直す高瀬は首4の字をかけたまま前方へローリングする。

この技も昔から全女に伝統的にあった技だったが、NEOの二冠王者だった田村欣子が若手の頃に披露して以来、たいした使い手がここ何年も現れていない。

どこでこんな技知ったのか?

とにかく高瀬はハートが強いことを前にも何度となく書いたが、それは同期に限らずAgZ全体と比較しても強い。

そのため本間が腕を決めにかかっても再三耐えてしまう。そうなると今度は本間が打つ手が減ってくる。

そうしたら追い込まれた高瀬がなんとラリアットをぶちこみ反撃。

ロープ際で不意をつかれた本間はダウンし、起きてこない本間に高瀬は低空ドロップキックで追撃をかける。

そしてカミカゼと思いきやこれは前方に叩きつけるハリケーンドライバーへ。

さらに飛獣ヘッドバットを叩きこみカミカゼを叩きつけた!! だが惜しくもカウントは2止まり。

しかしペースは完全に高瀬が押せ押せモードに。

これでもう一度カミカゼを叩きつければおそらく勝ったと思うが、本間が再び巻き込み式逆十字に持ち込んだため高瀬は返そうとしたが。

返した腕ごと巻き込んだ三角絞めに移行した本間。

みるみる高瀬が白目になっていくため遂にギブアップ。

レフェリーのチョリソも止めるかどうか判断に迷ったと言っていたが、あれは高瀬が自分でギブアップしなかったら完全に落ちていた。

勝ったのは本間だったが本当に紙一重の差。

正直カミカゼが決まった時は私も決まったかと高瀬の勝利を確信したほど。

またその完全に敗戦濃厚なムードを一気にひっくり返した本間多恵の方もまた凄かった。

ハッキリ言って本間の気迫は大館の時よりさらに凄いと思わせたほどだったので。

これはもう単なる先輩後輩の試合じゃなかった。

とてもデビュー4ヶ月の新人がやる試合とは思えなかったからだ。

大会が全部終了したとき夜の興行との入れ替えだったため荷物をまとめてた高瀬を私は気遣って話をしていた。

その時思ってもみない人が私たちの前に通りかかったのだ。

なんと目の前に現れたのは元祖カミカゼの使い手リッキー・フジ選手。

思わぬ大物が目の前にいてしかもきちんと挨拶してくれていらっしゃる。

そのため私が話し彼女がカミカゼを使っていてあと一歩で勝てそうでしたと報告すると。

リッキーさんは私の要請に快く応じていただき高瀬とのツーショットに収まったのだがそれだけでなく高瀬に

「(カミカゼを)大事に使ってください。リッキー・フジ公認です」

となんとリッキーさんから直接カミカゼの公認を頂いてしまいました。

すごいよ、みゆ姉!!