読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精密金型部品製造加工工程について

部品工学設計は、精密金型部品製造加工工程中、部品の品質を保証することを前提として、良好な総合技術及び合理的に実行可能な技術方案を制定すること。

部品工学設計によって下記通り分析して:

1.部品の設計図面は正しくないのかを検査して、これから部品の表面の精度、表面的な完全性、技術要求などを再現して生産条件の下に達することができるかを判断する。

2.検査部品の材料は適切で、精密金型部品製造加工工程が困難と複雑になりないのか。

3.審査部品の構造、部品構造が有効に加工されているかどうかをチェックする。

常用する工芸書類は下記通り:

1.機械加工技術過程カード:その主な作用は簡単に機械加工の技術のルートを説明するのです。

2.機械加工工程カード:プロセスファイルを詳しく、完全に、工程ディレクトリのほか、工程カードもある。

弊社がお客様の注文によって標準精密金型部品製造加工工程で製造、加工、検査できます。16つ厳格なプロセスにより精密な製品を生産、完璧な品質を持っている高品質精密金型部品を製造しております。

bokewuyue01

文章は宜澤金型アドレスに転します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/news/4431.html転を明してください