猫に小判的視野と考えも休み休みのキャリアアップ

猫に小判的視野に猫に通じる言葉があったらしいとアメリカならありそうな話かもしれない

次から次に混乱する国内外での反応もルールも異例続きの大統領命三昧の反応になっていくのかもしれない

風と太陽の話の教訓は風を吹きまくる人物像の破壊へと進む道しるべの経歴かもしれない

本当の意味で考えても嫌えば嫌われるか今まで通りではいられない状態をいうのかもしれない

自分がしなかったことを人にさせようとしても就任してから基本とルール違反なことに公開する時代になっているのがよかったのかもしれない

思い思いの国の試行錯誤でうまれては消えうまれては存在することで反応のするのも重要性をもたらす影響の大きさが現実社会にエネルギーの力を変化なのかもしれない

*****掛介麻久鍼畏伎伊邪那支大神

*****筑紫乃日向乃橘乃小戸乃阿波岐原雨

*****禊祓閉給比志時雨正里坐世留

*****祓戸乃大神等諸々禍事罪穢

*****有良露牟呼婆祓閉給比清米給閉登中須事手

*****聞食世登恐美母白須

「ライフルを持った猫がいる」警察が出動

マ、マドンナー!? セレブを前に口あんぐりのセレブ、サラ・ポールソンがとってもかわいい

自信がなさそうに「桃太郎」を歌うオカメインコさん メロディが思い出せず“きびだんご”を何度も要求する姿がかわいい

サイバー防御、応募殺到 政府の人材育成、定員の9倍応募

トランプ米大統領、「適切な状況下なら」北朝鮮と首脳会談も

幼い頃から大親友だった2人、なんと生理学上の父親が同じと判明(英)

メキシコで58歳女性が双子を出産! 「どうしてもわが子を腕に抱きたかった」

An update on the wall:

From:Saumya Narechania, OFA

発信元:ofa.us

To:rinebow611@yahoo.co.jp

2017/5/1, Mon 15:16

Organizing for Action

Friend --

Last night, Congress reached a bipartisan agreement that will fund the government through September, avoiding another government shutdown.

Over the past few weeks, it seemed as if a shutdown was on the horizon, as this administration -- desperately searching for a victory in its first 100 days -- demanded that Congress pass a bill funding the government that would also include funding for a costly, unnecessary border wall.

But thats not happening, thanks to the work of people like you.

OFA volunteers contacted our representatives and made our voices heard. We pushed back against a divisive immigration agenda, and pressured members of Congress to deny funding for the misguided wall. We spoke up -- and the administration backed down.

The result? Our government remains open, and we have another great example of what happens when engaged citizens like you come together and pressure Congress to do the right thing. But there are more fights ahead -- more policies this administration has already put on the table against the will of the people.

Your support is what keeps us moving forward towards the victories to come. Help make sure this work keeps going strong.

Moments like these remind us of the impact organizing can have when we invest in this movement -- over the last 100 days, weve seen that impact again and again. Nows no time to slow down. Help keep this movement strong by investing in it now.

If youve saved your payment information with ActBlue Express, your donation will go through immediately:

Express donate: $15

Express donate: $35

Express donate: $50

Express donate: $100

Express donate: $250

Or donate another amount

Thanks,

Saumya

Saumya Narechania

National Issues Campaign Manager

Organizing for Action

クリップ Los Angeles protects voting rights

From:THANK YOU (via DCCC)

発信元:dccc.org

To:rinebow611@yahoo.co.jp

2017/5/1,

One of the most vulnerable Republicans in Congress saw the writing on the wall... and took her name out of the race! Roll Call: GOP Retirement Creates Highly Vulnerable Open Seat. Rep. Ileana Ros-Lehtinen leaves behind a Florida district Hillary Clinton won by 2O points.

Grassroots Democrats -- and their incredible energy -- scared her away. Youre protesting against Trump and his Republican, organizing to ensure their horrible policies dont become law, and helping us meet our goals -- so we can stay hard at work, too. Heres what were doing to capitalize on moments like this: Putting organizers on the ground in 21 key districts, Investing to win special elections in Montana and Georgia, Recruiting top Democratic candidates (Weve talked to over 3OO!). THANK YOU for supporting our strategy to take back Trumps Republican House.

Thank you,

DCCC

P.S. RIGHT NOW, Georgia voters are fighting for their right to register to vote before the June runoff.

Will you stand up for voting rights and sign our petition?

「ライフルを持った猫がいる」警察が出動

05月03日

「ライフルを持った猫がいる」との通報を受け、警察が出動する騒ぎがあったようだ。

オレゴン州ニューポートで、木の上でくつろいでいる猫がライフルを持っているとの通報が入り、現地警察が現場に駆け付けた。すると、そこには銃を持っている――わけではなく、銃のような形をした木の枝を持っている猫がいたという。

警察はその猫に「口頭による厳重注意」を与えたと、Facebookの公式ページで発表している。

発表では「今朝通報された武器を持った猫は発見されませんでした。警察犬がその猫を確認したところ、死に至るような武器ではない枝を持っているだけでした」「その猫には、いまいちなカモフラージュの装いでアサルト・ライフルと見間違えられるようなものを所持していたことに対し、口頭による厳重注意が与えられました」と書かれている。

マ、マドンナー!? セレブを前に口あんぐりのセレブ、サラ・ポールソンがとってもかわいい

05月03日

 米女優のサラ・ポールソンが、とあるパーティー会場で米歌手のマドンナに遭遇し、1ファンのように驚く写真が2人のInstagramに投稿され、決定的な瞬間過ぎる表情に多くのファンが「最高の写真」と喜んでいます。

 5月1日(現地時間)に開催された、ファッションの祭典「Met Gala2017」。会場となった米メトロポリタン美術館に、気合の入った衣装のセレブたちが集合する中、マドンナを見かけたポールソンは思わず口あんぐりで素のビックリ顔。腰に手を当てセレブ然としたキメポーズを取るマドンナを思わず指さし、あごがはずれそうなほど口を開けた瞬間を激写されてしまいました。自分もセレブなことを完全に忘れててかわいい。

 マドンナはこの写真に「あはは、サラ、大好き!」とコメントを添え、ポールソンは「マドンナ、愛してる。ほかに説明はいらないでしょ」と大ファンであることを正直に伝えています。ファンからは「私たち、みんなサラ・ポールソン」とポールソンに親近感を持ったり、「マドンナの表情が絶妙」「2人とも面白すぎて笑い死にそう」と写真の構図や2人の表情の妙を楽しんでいるようです。

 また、米モデル・タレントのカイリー・ジェンナーが投稿した、姉のケンダル・ジェンナー、米タレントのキム・カーダシアンらセレブたちとの集合写真は330万以上の「いいね」を集めています(記事掲載時)。さらにモデル・女優の水原希子も自撮りをするカイリー・ジェンナーらをこっそり撮影していて何だかうれしそう。セレブもセレブに会うとうれしいようです。

自信がなさそうに「桃太郎」を歌うオカメインコさん メロディが思い出せず“きびだんご”を何度も要求する姿がかわいい

05月02日

 ニコニコ動画で公開されている、自信がなさそうに童謡の「桃太郎」を歌うオカメインコがかわいすぎました。これはじわじわくる……。

 はじめは意気揚々といった感じで首を振りながら「モモタロサン〜モモタロサン〜」と出だしのメロディを歌い出すも、「オコシニt〜キビダンゴ〜ヒットツ〜ワタシニクダサイナー↑……」と一番の最後で急に失速。少し声が震えながら疑問形の調子になるのが、リアルに自信がなさそうでかわいいです。 しかし、これは繰り返される桃太郎ループの序章……。メロディが迷子になった後すぐに「キビダンゴ〜」からやり直し始めるインコさんは、「ヒットツ〜ワタシニクダサイ」までたどり着くも、最後の「ナァ↑?……」で再び迷子に。 その後も自信がある様子のメロディライン「キビダンゴ〜ヒットツ〜」からやり直すも「ワタシニクダs……モモタロサン〜」と、レコードの針が飛んだかのような歌に。ついには「ワタシニクダサ……」で1度止まって、「?」といった感じでキョロキョロするインコさんの姿が。もしかして桃太郎に逃げられてません……? それでもめげないインコさんはくるくる回りながら思い出すように歌い、そしてループし続け、視聴者から「鬼ヶ島に行けない」「きびだんご何個ねだるねん!」「(きびだんごを)くださらない」とい

った大文字コメント流れる中、結局最後まで歌いきることはなく動画は終了。

 鬼退治はできませんでしたが、みんなを笑顔にしたのは間違いないようで、ニコニコ動画の動物ランキングでは最高1位を獲得しています。まさにかわいいは正義

 ちなみに投稿したのは飼い主のかんみさんで、オカメインコの名前は「マル」ちゃん。ブログ「マルといっしょ」ではヨウムの「福」ちゃんも登場し、鳥さんとのかわいくて癒される日常を垣間見ることができます。 そして今回の歌でマルちゃんのファンになった人はキュートなLINEスタンプもあるので「kanmiQ」で調べてみると幸せになれますよ!

サイバー防御、応募殺到 政府の人材育成、定員の9倍応募

5/3(水)

 インターネットに関する高度な技術を持ち、サイバー攻撃を防ぐ人材「ホワイトハッカー」を育成する政府のプログラムに応募が殺到していたことが2日、わかった。40人程度の定員に対し、4月末の締め切りまでに350人を超える若者が応募。貴重なデータを使った自宅でできるトレーニングや、学んだ知識が受講者の研究や業務に生かせることなどが人気の背景にあるようだ。

 ◆ホワイトハッカー

 プログラムを実施するのは、総務省が所管する研究機関「情報通信研究機構」(NICT、本部・東京都小金井市)内に4月1日に設置された「ナショナルサイバートレーニングセンター」。サイバー攻撃の脅威が増す中、国全体のサイバーセキュリティー能力を底上げすることが目的で、人材育成は柱の一つ。  国内在住の25歳以下を対象に4月3〜28日まで募集したところ、定員の約9倍の359人の応募があった。若手会社員や大学生・大学院生、高専生らで、10代の応募者もいるという。目立った告知活動はしておらず、口コミなどで伝わったとみられ、センター幹部は「予想以上の応募数だ」と驚く。受講者の選定を進めており、今月12日までに決定し、月内にもプログラムをスタートする。

 ◆「遠隔」と集中開発

 育成期間は1年間で、受講者それぞれのアイデアでセキュリティー関連技術の開発を進めることで能力を磨く。NICTの技術センター(石川県能美市)に自宅などからインターネットでアクセスして学ぶ「遠隔開発学習」と、全国の主要都市で6回程度、議論をしながら集中的に技術の共同開発を行うイベントが育成の両輪となる。  遠隔開発学習では、世界的にも最大規模のデータを使用。実際にあったサイバー攻撃の貴重なデータも活用する。技術の共同開発を行うイベントは週末に実施されるため、会社員や学生でも無理なく学ぶことが可能だ。受講に必要な費用は約50万円だが、学生は無料という好条件も応募者殺到の要因となっているとみられる。

 ◆産業競争力を強化

 サイバーセキュリティー分野では日本の存在感は小さく、技術やソフトは海外に頼らざるを得ないのが現状。センターでは修了後の受講者は学んだ知識や技術を生かしてソフトを開発したり起業したりすることも想定しており、サイバーセキュリティー分野での産業競争力強化につなげることも視野に入れている。

トランプ米大統領、「適切な状況下なら」北朝鮮と首脳会談も

05月02日

トランプ米大統領は1日、北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長と「適切な状況下」であれば会談する用意があるとし、米朝首脳会談の可能性に含みを持たせた。

大統領はブルームバーグとのインタビューで「金委員長に会うことが自分自身にとり適切なら、当然、会談を行うことを光栄に思う」とし、「適切な状況下で(金委員長と)会談する」と語った。

適切な状況が何かについては明確にしなかったものの、米ホワイトハウスのスパイサー報道官は、トランプ大統領と金委員長との会談を検討するには、北朝鮮が多くの要件を満たす必要があると強調。

「現時点でこうした要件が満たされていないことは明白」とし、会談が「近く行われることは想定できない」と言明した。米国務省も同日声明を発表し、「米国は引き続き朝鮮半島の非核化に関する信頼の置ける協議に前向きだが、状況が変化しない限り、協議再開のいかなる余地も生まれることはない」と強調。北朝鮮は核開発プログラムを放棄すべきとの考えも明示した。

幼い頃から大親友だった2人、なんと生理学上の父親が同じと判明(英)

05月02日

男女ではあるも幼い頃から大の親友。そんな2人は最近、自分たちが血のつながったきょうだいであることを知り、喜びと感動をツイート。メディアにも取り上げられ大きな話題を呼んでいる。

2人は英リバプール在住のジョージア・ボンドさんとジャック・ボウマンさん。父親の顔や名も知らずに生きてきたという境遇が似ていることから長年にわたり仲良くしてきたが、年齢が増すに従って事あるごとに自分たちには似ている点が多すぎると感じるようになった。「父親精子を提供しただけで母親とは結婚していない」という共通の事実に2人は驚くしかなかったという。

生物学上の父親が誰であるか問い合わせる権利が認められる年齢に達していることもあり、2人はそれを突き止めることを決意すると、まずはジャックさんが専門機関に相談した。「父親について調べてもらったら、異母妹がいて1998年に生まれたそうだ」と告げられてジョージアさんは驚く。自分も1998年生まれなのだ。 何か勘のようなものを心に秘めたまま、興奮と不安を交錯させながらジョージアさんも返答を待つこと数週間。そしてついに2人の父親が同じ人物であることが判明した。Twitterジョージアさんはその時の心境を「私たちはいつも冗談を言っていたの。まさか同じ男性が精子提供者ではないわよねって。だって私たちはいつも一緒で本当に仲が良いから。でも今日ハッキリしたわ。私たちはやはり本当の兄と妹だったの。母親から“あなたは精子バンクを頼りに体外受精で生まれた”などと聞いている場合は、私たちと同じような奇跡があなたにも起こるかもしれないわよ」と綴っている。

イギリスではすっかり有名になってしまったこの話題。ただし「素晴らしい。良かったね」と一緒に喜んでくれるコメントばかりではない。男女の親友の多くが年頃になるにしたがって友情が恋愛感情へと発展することは洋の東西を問わない。「親友以上の関係に進んではいけない男女だなんて少しばかり切ない」といった声も多いようだ。

日本では信じられないが、海外では精子バンクや体外受精が盛んに行われている。『BBC』では以前、「僕が精子を提供した女性はスペインから台湾まで計12か国の1000人かそれ以上」と豪語するサイモン・ワトソンさん(当時41歳)を紹介していた。彼の職業はズバリ“精子提供者”。精子バンクに登録するのではなく、Facebookで個人的にビジネスを展開しており、“魔法の1滴”と呼ぶ彼の精子をたった50英ポンド(日本円にして7200円)で手渡しで販売している。

サイモンさんは年間あたり50人の女性に精子を提供しているため、1週間に1人のペースで彼の血を引いた赤ちゃんが誕生している計算になる。ただし遺伝子的な脆弱性や病気、性感染症などをロクに確認もせずに安さだけで飛びつくのは危険との警告が専門家からは出ているようだ。

メキシコで58歳女性が双子を出産! 「どうしてもわが子を腕に抱きたかった」

05月02日

どうしても自分たち夫婦の子どもが欲しかった。可愛いわが子をこの腕に抱いてみたかったという58歳の女性。不妊治療の末の超高齢妊娠・出産のニュースがメキシコから飛びこんできた。メキシコ社会保障協会(IMSS)の発表を元に米メディア『nypost.com』が伝えている。

メキシコ・シナロア州のクリアカンで昨年、還暦まであと少しという女性が不妊治療により体外受精に成功し、先月「クリアカン地域総合第一病院(Culiacan’s Regional General Hospital Number 1)」で出産した。33週で帝王切開が行われたといい、例を見ない高齢および多胎妊娠とあって小児科からも医師らが参加し、早くからチームを組んで女性の健康状態を観察。分娩1か月前に入院してからはただならぬ緊張感が漂っていたという。

プライバシーを重んじて名前などは明らかにされていないが、女性は『Milenio』紙に「すべてがうまくいくと信じて祈った私たちに、神が奇跡を与えて下さったのです。わが子の元気な泣き声に幸せをかみしめています」と語っている。ちゃんと産声を上げるものか不安で、分娩の最中はひたすら祈っていたというその女性。2分の間を開けて2人目の赤ちゃんも元気な産声を上げ、そこでやっと体の力が抜けたそうだ。

赤ちゃんは女の子がヴィクトリア・マリアちゃん、男の子がヴィクター・マヌエル君と名付けられ、体重はヴィクトリアちゃんが1,899g、ヴィクター君が1,842g。母体の健康状態に問題はなかったが、低体重で誕生した双子については新生児集中治療室での3週間のケアと観察が必要となり、このほど3人そろってやっと退院した。3時間おきの授乳などこれからがもっと大変であろうが、どうか頑張っていただきたい。 そして上には上がいるもの。今年2月14日にはスペインのブルゴスで64歳の女性が男女の双子を出産した。2011年、58歳であった時にも娘を出産していたという。今の時代、お金さえあれば体外受精によりいろいろな妊娠が可能になっているだけに、医師が眉をひそめてしまうような希望が示されることも少なくないようだ。

イギリスでは23歳の娘を数年前に大腸がんで亡くしたという当時59歳の女性が、娘が生前に凍結していた卵子で自分が赤ちゃんを産むと言って不妊治療を希望した。だが生まれる赤ちゃんはその女性の子、孫であり、娘の生まれ変わりでもある。これに倫理の専門家が黙っているわけはなく申請は却下された。一方アメリカでは、2012年からメイン州の49歳女性、アイオワ州の53歳女性、そしてユタ州の58歳女性などが娘の卵子を用いて代理母となり、孫を出産している。先の英女性も1千万円を超す費用が必要だが、渡米を検討していると報じられた。