スマホ周りのお話@4月

がっかりSIM筆頭二社(楽天、freetel)利用のクロさんからの報告書だよ!MVNOってこんな感じ!

・音声通話

楽天モバイル3.1GB契約1600円。(通話はオプション無しの30秒/10円)

3.1っていうのは月辺りの高速通信使用可能量。

高速通信モードでこの量を越えると自動的に低速通信モードになります。

今月は試しに低速中心に運用。(低速、高速は任意に切り替え可)

楽天SIMは他社と違い「低速通信でも通信量を消費する」というガッカリ仕様ですが、低速通信の安定感はまずまず。

200kbpsに加えて若干のブーストがあるらしく、画像の自動表示を切ったTwitterSkypeSNS2chスレ、まとめサイトなどを閲覧するにはさほど不自由はありませんでした。

デレステをはじめとするアプリ系は細かいデータダウンロードにも時間がかかるのでwifi接続時のプレイ推奨。FGOとかは重そうだね。

つーわけで最近の通勤はカラオケで歌う予定曲とアニメストアからDLしたアニメに当てているんですが、今月のデータ使用量は1.2GBで済んだらしく1.9GB持ち越しに。この調子なら繰越し10GB越えたら通話+低速契約の1250円プランにできるかもね。

うまくいけば年間4200円の節約。Amazonprime契約できちゃうぞい。

楽天モバイルは高速通信が不安定で遅いため、単独での利用はやや不安。ということでルーターも持ち歩きます。

・データ通信用ルーター

freetelの従量課金SIM。

高速通信を使った量によって請求金額が変化します。

最低利用料が0〜100MBの299円ですが、キャンペーンで299円引き。今月は使ってないので0

円だね!

さて、このfreetel、この間偉いところからお叱りを受けてましたね。

「業界最速の高速通信」→MVNO では平均的

「低速モードなら使用量はノーカウント!」→平均60kbps で使い物にならない

というわけで消費者庁から景品表示法違反(優良誤認)による再発防止を求める措置命令が出ていました。

どちらも使っていると体感できるものでしたねー。メイン回線があるため使い道を選択でき、結果今月は利用しないで済みましたが、高速通信に関しては致命的に遅いわけではないから役に立つ時はあるかな。

MVNOはサービスに差があるしキャリアほどのサポートも得られないのでスマホに興味がない人にはオススメできませんが、気になったことをスマホで検索できるぐらいの人ならサービスと価格のトレードオフが可能だと思います。

通話SIMと通信専用SIMで1600+900円。これをスマホ2台(通信はルーターでも可)に刺しておけば通話+高速通信6GB。

端末の割引で相殺するとしてもキャリアの月7000円〜はちょっと払いすぎな印象なので、一年くらいMVNO試してみるか〜って人は二年縛りの終わりに検討するのをオススメします。

さて、次はどんなSIM試そうかな〜。