読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【第3030号】マイラーのマイラーによるマイラーのためのレース

マイラーズCの出走馬ランキング

1位 イスラボニータ A

2位 エアスピネル A

3位 ブラックスピネル B

4位 ヤングマンパワー B

5位 クルーガー B

6位 フィエロ C

7位 ダッシングブレイズ C

8位 プロディガルサン C

9位 サンライズメジャー D

10位 アクションスター E

11位 シェルビー E

過去5年の結果

12年(18):1着D15位、2着A1位、3着B4位

13年(18):1着B6位、2着C10位、3着B1位

14年(16):1着B2位、2着C5位、3着C4位

15年(18):1着C10位、2着C7位、3着C5位

16年(15):1着C4位、2着D11位、3着D12位

最上位:12年・15年A、他3年B

Eランク:12年2頭、13年・16年出走無し、14年・15年1頭

各ランクの複勝

S:出走無し A:50.0%(2) B:25.0%(16)

C:21.9%(32) D:9.7%(31) E:0.0%(4)

ランキング別複勝

1位:40.0% 2〜3位:10.0% 4〜5位:50.0%

6〜9位:10.0% 10位〜:12.5%

レースデータ

1.前走、12月以降の1600m以上のG1出走馬が非常に強い。1800以下のG2出走馬も良い。1600m以外のG3もまずまず。条件戦・地方レース出走馬は消し。

予想と買い目

◎5番ダッシングブレイズ(C7位)

○7番プロディガルサン(C8位)

買い目:複勝7,8(各100円) 計200円

少頭数でもあり、敢えて変化球にしてみた。

というのもランキング上位陣の臨戦過程が余り過去の傾向に合っていないと見たからだ。

ランキング1位のイスラボニータは1400mの阪神C以来の休み明けで、元々マイラーズCは前走1600m以上からの参戦が圧倒的に優勢だ。年明けに1走していればといった感じが強い。

2〜4位のエアスピネル、ブラックスピネル、ヤングマンパワーはいずれも東京新聞杯からの参戦だが、マイラーズCとの相性が余り良くない。特にエアスピネルとブラックスピネルは更に前々走の京都金杯で1着2着であるが、同じ舞台にもかかわらず、京都金杯好走組は大苦戦を強いられている。マイル戦での強さは認めるが、見送ることにした。

昨年の覇者・クルーガーは1年ぶりがどうか。

フィエロ京都金杯好走組でかつ前走が1200mからの距離延長に疑問がある。

同じ京都マイルでも京都金杯から1ヶ月後の洛陽Sの勝ち馬からは好走馬が出ているので、ダッシングブレイズは買えそうだ。

また、意外にも1800mや2000mの重賞で負けたお馬さんの巻き返しが多く見られるので、プロディガルサンにも注目だ。