読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりたい事と進みたい道と

息子が進路に悩んでいる

悩まず、今年希望していた大学を

素直に受ければいいのに・・・と

親としては思うのだけど・・・。

昨年夏に、

それまで希望していた大学から、

変更するといい始め、ちょうど同じ時期に

音大受験すればと周りから言われて

心が動いたりした中で

やっと決めた大学だったのだから。

でも、きっと心の中に

ちょっとだけ、かけらが残っていたのかもしれない。

それが、希望していた大学への門が

開かれなかった今・・・

再び「悔い」のない選択をしたいという想いが

浮上してきたように見受けられる・・・。

・・・思えば。

彼は昔からいろんな職業に憧れていた。

テレビのカメラマン

公務員(市役所のおじさん)

お医者さん

薬剤師

学校の先生

などなどなど・・・。

男の子特有の

サッカーの選手とか

野球の選手とか

鉄道とか飛行機の運転手とかは

全く出てこない子で。

3歳のころなんて

「パパ」になりたいだったしね(笑)

そんな彼が。

一浪したせいで

(おかげで?)

今、進路に悩んでいる。

もちろん今年受験した大学を

来年も受けるつもりで

当然のごとく勉強はしているが・・・

第一希望を変えてしまおうかと悩んでいる。

変えるとなると

英語の記述試験が増えたり

やったことのない分野の勉強が増えたりで、

はたして今から間に合うのか?

という疑問がちらほら頭をよぎる。

センター試験まであと270日しかない。

今年失敗しているくせに

そんなのらりくらり調べたり

している暇があるのかよ

・・・と、怒鳴りたい気持ちを抑えて

自分の中で本当にやりたい事と

そこから進める道を

見極めてほしいと切に願う。

第一希望はゆずれない

どこかの予備校のキャッチフレーズ。

だかといって、たとえば

今から東大目指すと言いだしたら

夢見過ぎっていうよねぇ・・・。

いや、うちは東大受けないけどね

う〜。

なかなかイライラを我慢するのって

大変です。

先日、テレビで。

40歳で東大野球部で

ピッチャーとして試合に出た人の

話をとりあげていた。

なんと彼は、東大に落ちて

翌年別の大学で医学部に入り

医者として仕事をしながら

東大野球部にあこがれて

毎年東大を受験し続けて

38歳だかにして合格を勝ち取り

野球部に入ったのだそうだ。

神宮で投げたいという夢。

夢が叶った。

彼の人生もまた

希有なものだと思った。

30日は模試。

息子は果たして

努力をしているのだろうか。

夢を叶えるには

それ相応の努力がいるという事を

今一度、はっきり認識してほしいと思う

今日この頃・・・・。

夢見るだけなら

誰でもできるのだから。