読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

持ち込み映像でヒトカラしてみた(JOYSOUND MAX編)

フォロワーさんのRTで、DAMとJOYの最新機種で持ち込み映像を背景に使えるようになったと知り、これは!!!と早速やってきました。

結論から言うと、うおおおおおおあああああめちゃくちゃ楽しい!!!

ただでさえ大好きなカラオケがもっと好きになる!まだ好きになる要素あったのか!という感じです。

今回はJOYSOUND MAX編。

※2017年4月現時点では、JOYSOUND MAXとLIVE DAM STADIUMでしかできません。

JOYSOUND MAXでのやり方は、一言で言うと『アプリを使ってスマホ内の動画をカラオケに転送する』です。スマホがあればできちゃう!超便利!

https://blogs.yahoo.co.jp/reuta0405/64736082.html

こちら(以下『参考ブログ』)を参考にしつつ、実際は少し違ってるとこもあったので、自分なりにまとめてみました。

その前に、大きな問題点を先に書きます。それはまず、使用するアプリを開きっぱにしないといけないということ!

歌ってる最中に通知が来て他のアプリを開いたらそこで映像も終了です。

たまにカラオケで歌詞が表示されない曲ありますけど、その歌詞をメモ機能で見ながら〜というのもできません。

なので、ほらほらこんな風になりましたよ〜超楽しい〜!!!という写メも撮れませんでしたwww

そして、背景映像として流している動画の操作はできません。一時停止も早送りもできません。再生か停止、それしかないです。

カラオケ音源と動画がずれたときは、カラオケ音源の方を操作して合わせるしかないです。

その点をあらかじめご了承ください。

▼下準備

1.キョクナビJOYSOUNDをダウンロードして、すぐ使えるようにしとく。

iOShttps://itunes.apple.com/jp/app/id502359087

Androidhttps://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.xing.spnavi

2.流したい動画を用意する。(拡張子はmp4で統一しました)

3.動画をスマホに移動。動画関連は各自ググってどうぞ。参考ブログではカメラロールに保存しないとダメという記載でしたが、実際はムービーでも大丈夫でした。

Free Video Player

https://itunes.apple.com/jp/app/id983238998?mt=8&uo=4&at=11l9ub

ちなみに、wmvも試してみましたがカメラロールに保存できませんでした。

▼カラオケへ

1.キョクナビを立ち上げ、動画→スマホでムービー送信『はじめる』をタップ。

2.デンモクの『スマホリンク』(左下あたりにある)をタッチし、QRコードを読み取る。以下ガイドに従う。(JOYSOUNDwifiを利用しますがモバイル通信も必要です)

3.歌いたい曲を送信したら、キョクナビの『端末内から〜』をタップし、サムネから動画を選んで『送信』をタップ。曲を送信してからでないと動画も送信できない(おしゃべりしてる時間を利用して〜とかはできない)ことに注意。

大体50MB前後の動画でしたが、すべて7〜8秒で送信できました(4G回線)。ここが参考ブログと大きく違うところです。

1分半かかるという記述を見て、これはヒトカラでしか無理かなーと思っていたのですが、予想外にスムースでした。ちょうど曲が始まる頃に動画も始まる感じです。

動画の方を操作できないことを考えると、むしろ先に曲を入れて一時停止しておき、動画が始まるのに合わせた方がいいです。

また、『2回目以降は読み込み時間ゼロ』という点も違っていて、実際は2回目以降も同程度の読み込み時間が必要でした。

▼やってみて(メリット)

くっっっっっっっそテンション上がる!!!!!

私は最近割とボカロ系の曲を歌うことが多くて、それはほぼMMD由来なんですけど、ああ〜この曲にあの映像があったらな〜といつも思っていたので!

操作にかかった時間も多少ありますけど、1時間じゃ足りねえええええええ!って感じでした。

「ああ〜楽しい!」「ああ〜幸せ〜やばい〜!!!」とか1人で言ってましたwww

今回は初めてなのでテスト的な感じで5曲くらいしか用意していかなかったんですけど、今後ガンガン増やそうと思います(*´▽`*)

あと、スマホとアプリがあればいいっていうのはお手軽。DAMの方はUSBが必要なので。

▼やってみて(デメリット)

やっぱり、カラオケ音源と動画を同期させるのがちょっと難しいです。

バシッと上手くいくこともあれば、あれ?あれ?っていうこともあって。半々くらいでした。

MADみたいにガッツリ同期しないと面白くない動画では、失敗するとテンション下がることうけあい。

ずれた場合はカラオケ音源の方を操作するしかないんですけど、この早送りとかも大雑把なんですよね。ずれを直そうとして何度か失敗しました。

ヒトカラだと何度でもやり直せるからいいけど、人と一緒の場合は難しいかなと思いました。動画のどこで曲が始まるか覚えておかないと…もしくは、多少ずれても大丈夫な映像にしとく。

また、やり直したときにちゃんと動画が送信されないことがあります。これも慌てそうになるので練習が必要かなー。

あと、画質は一言で言うと『VHSの3倍モード』。まあこれはカラオケのモニターにもよると思います。今日のカラオケでは正規の映像も画質悪かったので。ただやはりそれでも正規の映像からは一段落ちる感じかな。

でもmp4で一段落ちる程度だったら全然オッケーですけどね!

▼総評

なんだかんだで楽しい!!!

これからも絶対やろうと思います\(^o^)/

あとは、一緒に盛り上がってくれる友達と一緒だともっと楽しいと思います。多少失敗して操作がもたついても許してくれるお友達ならw

USBで操作できるDAMではどこまで画質を向上できるのか、比較の際はそこも注目しようと思います。

LIVE DAM STADIUM編に続く。たぶん!