読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素晴らしいと思いました。

◆器の大きい人とは?

〈自分の間違いを認められる人〉

器が大きい人は、自分が間違った時は言い訳せず、素直に[私が間違っていた]と自分の非を認められる人です。また、その間違いにより迷惑をかけた方がいた場合、自分より立場が下であってもしっかり誤ることができるのも特徴です

それとは反対に間違えても言い訳ばかりしたり、すぐ人のせいにするような方は器が小さい方とは違います。対応もとても真撃的で誠意のある程度で、謝罪をしてくださる方がこのタイプには多いので、過ちを犯しても好感を持たれる方が多いです。

〈他人の失敗を責めず、解決策を考えることができる〉

他人のミスしたことにより、自分に被害が破った場合でも、器が大きい人はミスした方に対し、[気にしなくて大丈夫!][誰にでも失敗はあることだよ!]と寛大な気持ちでその失敗と向き合えます

また、その解決策も当時者と一緒に考えられます

相手を責めず、大きな心で受け止められる懐の大きさがあるのはとても素晴らしいですよね

〈誰にでも分け隔てない対応ができる〉

自分より立場が上の人や、また対応を良くすれば自分にメリットがある人には媚びを売り、自分より立場が下の人や一緒にいてメリットがないと判断すれば、大柄かつ高圧的な態度を取るような人は器が小さいです。どんな立場の人にも、分け隔てない対応ができる人こそ器が大きい人の特徴です。立場が上であっても間違いがあれば指摘できたり、また立場が下であっても成果を上げればきちんと評価できる方は、器の大きさはもちろん人としても大変魅力があります

〈自分の感情をコントロールできる〉

人は誰しも、イライラしたり怒ったりすることがあります

ただ、その感情を他人にぶつけて言い訳ではありません

自分がどんな状況に置かれていても、冷静になり、その感情で他人を不快にしないように気持ちをコントロールできる人は大変、器が大きい人といえます

『相手に不快感をた与えないということは、とても大切なことです』

自分の感情を赤の他人にぶつけているようでは、まだまだ人として小さいと言えるでしょう

〈どうでもいいと言える〉器が大きい人の特徴にはいくつか特徴があります

器が大きいという人の上に立つ器量があるということにもなります

では[器]とはどういうことなのかと言いますと人間的な正しい考えのことを言います

一般的に器が大きいと感じる場合には、必要のないことを必要ないと言える場合です

どうでもいいこと、気にする必要のないことを[どうでもいいよ]と言えることが器の大きい人の特徴とも言えます

〈許す方法を考える〉

人間か生きていく過程では、人に騙されることもあります

そんな時にどのように降り舞うかによって、その人の器が問われます

人に騙されると普通ならどうやって仕返しをしようかと考えがちです

〈上機嫌である〉

器の大きい人の特徴にいつも上機嫌であることが挙げられます

いつも上機嫌な人は基本的に他人に機嫌をとってもらうことはしません

常に機嫌をあげるために、自分にとって一番いいことを考えるようにするのです。つまり《プラス思考》です。世の中には思い通りにならないことか多々あります。そこでいちいち腹を立てていると、周りの人もどう接していいか困るはずです。そうならないために、マインドコントロールをできる人も器の大きい人の特徴と言えます