読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「君の名は。」展 銀座松屋

とある金曜日の夜。

仕事の後で銀座へ。

銀座松屋君の名は。」展。

それほど大きくないブースに原画やら、絵コンテやら、設定資料やらの展示。

これは、作中で主人公が奥寺先輩とデートで行った写真展みたいに糸森の風景を展示してました。

「誰そ彼・・・たそがれ・・・彼は誰・・・かわたれ・・・・かたわれ」を教えていた黒板再現。

作中で教えていた古文の先生は「言の葉の庭」のゆきちゃん先生なんだそうです。ここでは元気で良かったですね。

そういえば彼女も新宿から来たのでしたね。

作中で三葉と四葉の踊る舞は、こうやって作ったそうな。

歌舞伎役者に創作してもらったという。

小説版見て思ったけど、宮水神社の設定は結構細かく作っていたみたい。

すごく現実味のある仮想でしたね。

ほかに、新海監督の絵コンテを撮影して動画として見せるというのが面白かった。

彼は最初に自分で絵コンテにせりふを吹き込んだ動画を作ってからアニメを作るということをするそうで、宮崎駿の完成形は監督の頭の中にしかないとは対極の作り方するようですね。

それほどたくさんの展示があるわけではなかったけど、けっこう楽しんで見れました。

当然、タダ券だったし。満足なり。

ショップで宮水神社の乾燥甘酒というの売ってたけど、普通の甘酒を陶器の瓶に入れたものなら買ったかも。

JKの巫女の口噛み酒(笑)。