検証の続きと燃費走行にについて

そういえば、アルミテープが全く効果がないって言っている、ある人がいました。

多分、意味が分からないから、当て付けなんでしょう(笑)。

その人の記事を良く見ますが、運転が上手くいかないとかなんとか。知らんゎ。

車に詳しい人みたいですが。

ま、否定していてくれた方が、ある意味ありがたいです(^w^)。

豊田ですら、結局は分からないんだし。

そうそう。

YouTubeでアルミテープ関係をやっている人がいて、バイクの排気管にアルミ線を巻いてました。

なんで、マフラー出口2箇所にホルツの耐熱アルミテープを1巻きしてみました。

元気なのは、それもあるのかな?

そうそう…えせしなしなシステムに突っ込みがありました(笑)。

ショックの中身に静電気が帯電するので、それを抜くモノらしい。

ならアッパーボルトに直接アースすればいいのにねって意見。

それは、取り付けした時に感じていました(笑)。

見た目的に面白い方を選択しました(笑)。

しょっちゅう細かい細工をしているので、どこで変わったのかは分からないのですが(笑)、途中からある変化がありました。

速度維持がやりやすくなった事。

ずっと、速度を一定にして走る。

うちのは、以前はちょっとやりにくかったです。

速度がふらつきました。

ここに絡むのかは分かりませんが、タイヤの情報を掴むのにタワーバーを外しました。

更に、えせしなしなシステムで、タイヤの位置が分かる様になってきたのかなぁ?

道のどこにいるのか、鳥瞰的に分かる感じもします。

次は燃費走行。

写真は、日曜日のトンネルのログ。

む〜千回転(しつこいW?)の時、瞬間燃費はリッター2キロです。

すぐにアクセルをオフッたのですが、リッター30キロ以上になります。

HKS OB-LINKには、瞬間燃費を常時確認できます。

色々と検証してみました。

速度はあまり関係ありません。

むしろ、ある程度の速度は必要。オートマは分かりません。

高いギヤでエンブレを多様した方がいいです。

回転はトルクバンドの入口ぐらいを維持。

うちのなら、3〜4速で2500~3200回転を維持。

2速は逆に燃費は悪くなります。