現在の振込詐欺、ポルノ、覚醒剤販売、ソープランド、デリヘル、バカラ賭博がヤクザ営業といえないのか

昔ながらのシノギは減ったかもしれない。

だが高齢者を狙った振込詐欺、ネットAVなどの運営者はヤクザ組織と繋がりないとでもいうのか。このところの建設業界人手不足で手配師も潤っている。巨額利権も動く。

相変わらず、繁華街でヤクの売人はいる。裏金融も。

用心棒代は昔の話だけれど、地域ヤクザは縮小するも大手は羽ぶりいい。

時代の波に乗るのと、昔ながらの「飲む打つ買う」でマッチさせたところは伸びている。

本当にヤクザ組織を壊滅させる気があるようにはとても思えない。

さっさと逮捕し、重罰に処したら減ろう。

だけれども暴力団員には、銀行口座作らない、不動産貸さないなどはなんだろう。

この調子では日常生活にも支障だな。

■「ヤクザのメリットない」携帯も不動産も× 資金源探す

(朝日新聞デジタル - 03月18日 13:02)