読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中古PCでもまだまだ使える!?

一昨年の初夏ごろに2006年モデルのノートPC(DELL 1501)を中古PCショップで約6000円で買った。

店長は「OSがxpなのでネット接続はお止めください」と言ってたが至極もっともな事であり、マイクロソフトの都合でサポート終了し、脆弱性が顕著になり、ウイルス等の危険にさらされたら、情報漏洩やファイルやアプリケーションの破損に繋がりやすくなっているからだ。

一時的なサブPCと言えども、手元に置けば雑用や機械いじり感覚で使うのは目に見えている。

買って帰り、電源を入れてみたら思った通りの遅い動きだった。購入する時点でOS入れ替えとメモリー増設とHDDをSSDに換装するつもりだったので、遅さや重さは想定内だった。

xpをネット接続するのはセキュリティー面で躊躇われるので動作確認後、内蔵HDD(40GB)を取り外しIntelSSD(60GB)を取り付けwindows7(64bit)をインストールした。

一通りの作業を終えてネット接続して様子を見たが、まだ重い。分かってはいたが、メモリーが512MBでは動くには動くが十分ではなかった。

購入した機種は最大で2GBまで拡張可能なので、増設用メモリーを専門店で購入した。家に着くなりノートPCから古いメモリー(512MB)を取り外し、1GBメモリーを2枚差し込んだ。

ノートPCの裏ぶたを閉じ、ネジを締め電源ケーブルを差し込んで電源を入れて動作確認した。ちゃんと動く。

ネット接続して主要なポータルサイトトップページを閲覧したが、画像と文字で構成されたニュースは少々イライラする程度の速度で動き閲覧できた。

但し、動画は容量が大きいのでブラウザの軽さの影響は軽視できない。IEでは大半の動画がコマ数の多い紙芝居のようになり、カクカクとしたぎこちない動きとなった。

動画は別としても、あまりの重さに徐々にイライラしてくる。そこでchromeを入れてみたところ、少し軽やかになった。

動画も前よりは動きがスムーズになった。

さらにマイナーブラウザと言われているブラウザを入れて試験してみた。

最初にKIKIブラウザを入れてみたが、これはけっこうイケる。

次に入れて試験したのはルナスケープライトだったが、軽いには軽いが操作感覚等の詳細を忘れてしまった。

高い新品PCでなくても、ちょっと工夫すればけっこう使えます。ノートPCの改造はあまり一般的でないと言われてましたが、やってみて分かることは全体的に作りが小さくて目が疲れたと言うことです。

デスクトップと比べて小さくて軽いので便利な機械です。

因みにこのノートPCの改造に要した費用はメモリーSSDを合わせて約10000円です。SSDは一昨年と比べて安くなっていると思われます。

OSをwindowsに限定せず、linuxubuntuにするならネットから無料でダウンロードできます。

乱文、悪文になってしまいましたが、実証済みの「安く済ませる方法」を書いてみました。