倒産したメーカーのオーディオ機器をプッシュして売るオーディオ店

この情報らからはオーディオメーカーのCECは倒産したと報じられている。

http://n-seikei.jp/2017/02/post-42473.html

他方で、このトヨタ系生協の子会社の真空管アンプらキット屋は今になってここのCDプレーヤーを持ち上げて売ろうとしている。

http://tubeaudio.exblog.jp/26708255/

倒産したメーカーの品を今売る・・・・

憶測だが、倒産したら在庫は通常破産管財人によって格安で処分される。

土地建物らも倒産した所は縁起悪いと半値以下になるのが通例と聞く。

格安入手の品を一気に仕入れて、高く売り抜けようとしているのではないか?

だいたい倒産した会社の品の今後のメンテナンスはどうするつもりか説明もないようだ。

こちらの店主 ロシア6C33C真空管のPPアンプ SV-63というのがFUSEが切れたら値の大きなFUSEを送ってきて、FUSEは切れないが、出力トランスから発煙した話は別に書いたことがある。

その他300BシングルアンプのSV-501というの。

確か固定バイアス回路だったか、可変抵抗を回してバイアス調整するようになっていた。

それはいいとして、そのバイアス調整の可変抵抗が自分なら接触不良が出にくい巻き線ポテンショメータ類にするところ、小さな半固定抵抗のようなカーボン可変抵抗だったから、使っているうちにバイアス不安定に・・・

ハムバランサーも例えばオーディオ専科あたりならホーローに巻かれた巻き線可変抵抗を使うところ、ここは小さなカーボン可変抵抗でケチっているように見えた。

ここに技術者はいなかったような・・・店主も技術には明るくなかった。

こんなメカトロニクスの塊のようなCDプレーヤー それも倒産したメーカーのを売りさばいて今後のアフタサービスはどうするつもりなのだろう。

相変わらずの商売をしているように見えた。