人でなしになったらしい。>ヤマカン

 クリエイターとして当たりが多い少ないとか、好き嫌いはよくある。

作品は別にしても個々の意見が時には嫌い、という場合もある。

(例えば吉野弘幸とかの意見は好きではないが、認める作品はある。)

刺傷事件、冨田真由さんの「落ち度」をブログで指摘したアニメ監督に猛批判......事件の本質から外れた発言に呆然 | ギャンブルジャーナル | ビジネスジャーナル

http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2715.html

ヤマカンの意見で一体、何処らへんが、普遍的に役立つ意見なのか、さっぱりわからない。クリエイターとして無能だと思っていたが、人でなしまで落ちたらしい。ヤマカンのブログを読む気にもならない。

歌手や声優を守るのも監督業じゃないのか?

お辞儀の角度や挨拶の声の大きさじゃなく、類例を見ない事件なんだから、頭おかしいとしか。