Racing Energy スーパーDOT4

【 Racing Energy スーパーDOT4 】新発売。

これでようやく長年の念願であった【 Racing Energy 】シリーズの完成です。

http://www.rmagic2007.net/shop/products/detail.php?product_id=927

【 Racing Energy スーパーDOT4 】は、

スーパーハイクオリティなブレーキフルードです。

勿論、ブレーキだけでなくクラッチフルードとして使用することもできます。

特にRX-8のように、ハードに走るとクラッチフルードのエア抜き

必要な車種には、是非使って頂きたいアイテムです。

ブレーキフルードは、ブレーキペダルへの踏力をブレーキキャリパーに

伝達するための液体です。

ブレーキは摩擦で車を止めるため、ブレーキパッド、キャリパーに

摩擦熱が発生します。

摩擦熱によってブレーキフルードが沸騰してしまうと液体内に気泡ができ、

気泡がクッションの役目をして油圧の伝達ができなくなってしまいます。

そうなるとブレーキが効かなくなる(ペーパーロック現象)ので、

沸騰しにくい(沸点の高い)アルコール系のブレーキフルード

使われています。

アルコールは吸湿性(空気中の水分を吸収する性質)があります。

新品のブレーキフルードの使い始めの沸点は「ドライ沸点」といいますが、

時間の経過とともに水分を吸収して徐々に沸点が下がります。

一般的な使い方で、新品に交換後1年くらい経過したころの

水分を約3.7%含んだ状態での沸点のことを「ウェット沸点」と呼びます。

もちろん、より現実的な性能として、ドライ沸点よりもウェット沸点を

重視すべきなのです。

ブレーキフルードはグレードによって以下のようになります。

規格   ドライ沸点  ウェット沸点

DOT3   205℃以上   140℃以上

DOT4   230℃以上   155℃以上

DOT5   260℃以上   180℃以上

DOT4以上のブレーキフルードを使用していて街中だけの使用であれば、

車検ごとの交換で問題ありません。

峠道やサーキットなどのスポーツ走行をする場合は半年〜1年毎に

交換することが望ましいです。

レースや走行会などに参加される場合は、

必ず走行前に新品と交換されることをお奨めします。

スーパーDOT4という名称は、本来の規格にはありません。

沸点値はDOT5規格をパスしているけれど、管理のしやすさや耐久性が

DOT4と同等なものに付けられた俗称です。

<価格>

¥5,000/1L(1本)(消費税抜き)